12月20日~1月14日マイナビさんで将棋の電子書籍セール開始!私がおススメするセール本紹介

前回の記事はこちら↓

はじめに

ということで、マイナビさんのホームページで将棋の電子書籍がセールです。

これは買うしかない(笑)

期間は、12月20日から1月14日までらしいです。

このビックウェーブにのるしかない(;’∀’)

ということで、私がおススメするセール本(550円)ベスト5を紹介していきます。

価格は2019.12.22現在のもので、変動する可能性もあるのでご注意ください。

第1位 『駒落ちのはなし』(先崎学先生)550円

22925_ext_06_0.jpg

言わずと知れた駒落ちの名著。

紙の本で買うと2000円近いのに、電子版はまさかの550円ですよ。

これはすごい。

初級者の方が下手定跡をおぼえるのにも使えるし、上手の人がコツをつかむのにもいい。

まさに全方位向けの駒落ちの名著です。

自称”国内最大級”の駒落ち総合サイトである我がブログも一押しの一冊です。

駒落ち裏定跡も取り扱う画期的な著書。

この機会に持っていない方は是非とも購入の検討を!

第2位 『米長邦雄名局集』550円

24281_ext_06_0.jpg

これをセールに出してくるのか!マイナビさん……

太っ腹すぎるでしょう。

言わずと知れた米長邦雄(元将棋連盟会長・永世棋聖)の名局集です。

226局収録の大ボリューム。紙の本で3000円くらいするのに、まさかの550円!?

ありえないw

こちらの棋譜を並べると間違いなく終盤力とねじり合いの将棋が得意となります。

被験者の私がいうのだから間違いないです。

第3位  奇襲振り飛車戦法 ~その狙いと対策~ ( 飯塚祐紀先生)550円

33863_ext_06_0.jpg

こちらは有名奇襲戦法の成功例とその対策を載せている初段になるために必須の知識が身につきます。

有段者が読んでも、勉強になること間違いなし。

原始中飛車、鬼殺し、角頭歩、パックマン などなど。

奇襲に困っている人はまずはこれを読むのがいいでしょう。

第4位 『解いてスッキリ! 3手5手の詰将棋』(本間博先生) 550円

40240_ext_06_0.jpg

こちらは詰将棋の問題集です。

3~7手の問題を180問収録。

この本の最大の魅力は、基本問題だけで作られていること。

基本手筋を凝縮させて、作られた良問集です。

実戦で勝てるようになるために、必須の知識ばかりなので、この本を解きまくって終盤力を底上げしましょう。

3手詰が解けるレベルになったひとに特におすすめです。

第5位  将棋・基本戦法まるわかり事典 振り飛車編【棋譜ファイル付き】 (安用寺孝功先生)550円

そして、最後におススメするのがこちらです。

このシリーズは隠れた名著なんですが、一冊で振り飛車の基本戦術をマスターできるコスパ最強本です。

さらに、棋譜ファイル付き。

なんと将棋のソフトの上で手打ちせずに勉強ができちゃうんですね。

例えば、本には書かれていないこの変化はどうなんだろうかと疑問に思った場合、即座にソフトに教えてもらうことができる。

それも、基本的な振り飛車戦法すべてを1冊でカバーできる。

まさに無敵の一冊w

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

「12月20日~1月14日マイナビさんで将棋の電子書籍セール開始!私がおススメするセール本紹介」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です