序中盤力を鍛える次の一手~嬉野流編~

前回の問題はこちら

問題①

さて、嬉野流の序盤です。

じつは、ここから鳥刺しにしない変化があります。

その一手を考えてみてください。

解答①

▲8八飛車。

そうです、相振り飛車です。考案者の方も愛用している嬉野流相振り飛車という序盤です。9筋の端歩をつき越しているのはここから相振りにも鳥刺しにも変化できる自分なりの工夫です。

中飛車に振ってもいいのですが、ここでは向かい飛車が一番お得だと思います。

問題②

それでは先ほどの問題の続きです。

お互いにいつもの形のように組みました。

3手進めて、先手側の基本的な仕掛けを考えてみてください。

鳥刺しのようにわかりやすい仕掛けです。

解答②

▲8四歩△同歩▲同飛

基本的な向かい飛車の仕掛け方です。

しかし、この後数手先に嬉野流らしい攻撃の仕方が待っています。

問題③

飛車が一度、下がって後手が端歩をつき越してきました。

ここから3手示して、嬉野流相振り飛車の攻撃の理想形を作りましょう。

後手は△4五歩とします。

解答③

▲7六銀△4五歩▲5七角

この流れが相振り嬉野流の理想形です。

銀が斜め棒銀のように玉頭を強襲できるうえに、角の後詰があるので、銀をさばいた後もしくは銀がいなされても、端歩攻めをおこないやすくなっています。

二段重ねの攻撃陣なので、後手はなかなかしのぐことが難しいです。形勢は互角ですが、結構勝ちやすい局面だと思います。

棋譜

手合割:平手
先手:
後手:
手数—-指手———消費時間–
1 6八銀(79) (00:01 / 00:00:01)
2 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
3 5六歩(57) (00:00 / 00:00:01)
4 3二飛(82) (00:00 / 00:00:00)
5 5七銀(68) (00:02 / 00:00:03)
6 5二金(41) (00:00 / 00:00:00)
7 7九角(88) (00:00 / 00:00:03)
8 4二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
9 9六歩(97) (00:00 / 00:00:03)
10 6二玉(51) (00:01 / 00:00:01)
11 9五歩(96) (00:01 / 00:00:04)
12 7二玉(62) (00:00 / 00:00:01)
13 8八飛(28) (00:01 / 00:00:05)
14 8二玉(72) (00:00 / 00:00:01)
15 8六歩(87) (00:00 / 00:00:05)
16 4四歩(43) (00:00 / 00:00:01)
17 8五歩(86) (00:00 / 00:00:05)
18 7二銀(71) (00:00 / 00:00:01)
19 4八玉(59) (00:00 / 00:00:05)
20 4三銀(42) (00:00 / 00:00:01)
21 5八金(69) (00:00 / 00:00:05)
22 1四歩(13) (00:00 / 00:00:01)
23 3八銀(39) (00:00 / 00:00:05)
24 3五歩(34) (00:00 / 00:00:01)
25 3九玉(48) (00:00 / 00:00:05)
26 3六歩(35) (00:00 / 00:00:01)
27 同 歩(37) (00:00 / 00:00:05)
28 同 飛(32) (00:00 / 00:00:01)
29 3七歩打 (00:00 / 00:00:05)
30 3四飛(36) (00:00 / 00:00:01)
31 8四歩(85) (00:00 / 00:00:05)
32 同 歩(83) (00:00 / 00:00:01)
33 同 飛(88) (00:00 / 00:00:05)
34 8三歩打 (00:00 / 00:00:01)
35 8八飛(84) (00:00 / 00:00:05)
36 1五歩(14) (00:00 / 00:00:01)
37 6六銀(57) (00:00 / 00:00:05)
38 4五歩(44) (00:00 / 00:00:01)
39 5七角(79) (00:00 / 00:00:05)
40 3三桂(21) (00:00 / 00:00:01)

3 Replies to “序中盤力を鍛える次の一手~嬉野流編~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です