私が考える『将棋世界』活用法&勉強法!

将棋世界活用法!

ということでNHKテキストと双璧をなす将棋の専門誌「将棋世界」。
多くの人が買っていると思いますが、今回は棋力向上にどう役立てていくのか考えていきたいと思います。

毎月買っているんだから、より味わい尽くしたいですよねw

①戦法特集を並べまくる

実は将棋世界に特集されている戦法紹介ですが、ほとんどはずれがありませんw
筋違い角などのマイナー戦法から四間飛車などのメジャー戦法までいろんな戦法を取り扱ってくれるのがいいところ。

専門書と比べると網羅性では負けますが、要点がしっかりまとまっているので、意外とわかりやすいんです。

アマ三段同士の対局だとここまでわかっていたら十分というような声もネットに書いてありますし、私の実感としてもそう感じました。

自分の使いたい戦法が過去号でもう特集されちゃっているよというひともご安心を。
電子書籍であればバックナンバーの売り切れの心配はありません。
kindle unlimitedで読み放題になっている年度もかなりあるので、積極的に棋譜を見ていくといいと思います。

戦法の使い手同士の対談集も載っている号はさらにおすすめ。ぶっちゃけた勝ちやすさとかハメ手とかの裏話も多く掲載されていて棋力向上まちがいなしです。

専門書を買うよりも安く基礎固めができるので、お金がない学生たちにもうれしいところだと思います。

②次の一手が充実

これもいいですよね。
次の一手が充実しています。おまけの別冊で40問、たまに特集戦法の次の一手が20問以上入っているときも多いので、60問くらいの指しこなす形式の次の一手が手に入ります。

これに講座説明もあるので、戦法の専門誌一冊分の価値を半額ぐらいで手に入れることができます。特に、マイナー戦法使いのひとにうれしいです。最近でも坂田流向かい飛車や極限早繰り銀などなど。意外な戦法も特集されるので、バックナンバーをあさりましょうww

③プロの棋譜も充実

直近のタイトル戦・特集記事に関係する名局、大山・中原時代の棋譜など古今東西の棋譜も数多く掲載されています。

解説もあるので、並べやすいのもうれしいところ。
せっかく買ったのだから、たくさん並べましょうw

④モチベアップ効果

特にインタビュー記事で実感できますね。
最新号の木村王位のインタビュー最高に泣けました(´・ω・`)

プロの強くなった方法やアマタイトルホルダーの頑張っている姿、将棋道場の歩んだ道、戦火に散ってしまった天才棋士の運命。

最近は年をとってしまいなみだもろくなってしまったのでやばいですw
自分も頑張ろうと思います。

⑤まとめ

ということで、将棋世界の活用法をまとめてみました。
基本的な定跡解説・指しこなす本や必至問題などの次の一手・プロの名局集。これだけしっかり勉強すれば、並大抵の相手に知識負けすることはなくなりますw

詰将棋も掲載されているので、それも活用したいんですが、短手数でも難しい問題も多いので自信損失しないようにしてください笑

3 Replies to “私が考える『将棋世界』活用法&勉強法!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です