【冴えカノ特集】アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ 3話・4話・5話感想

今までの感想はこちら

3話 初稿と二稿と大長考 感想

波島伊織・出海兄妹から宣戦布告をうけた倫也たち。

同じジャンルのゲームを作り、競い合うことに……

しかし、伊織には秘策があるようで、倫也たちの弱点を理解しているようだ。

その弱点とは「シナリオ」。

新進気鋭のラノベ作家が執筆するシナリオに何の問題があるのか?

そして、初稿と二稿のどちらを採用するのか。

悩み続ける倫也に、加藤は「ゲームを実際にプレイ」してみることを提案し、ふたりは美智留のバンド「icy tail」を巻き込んでゲーム合宿を強行するのだった。

ここらへんは加藤が怒涛の正妻感を出していますね。

みんなの分の夜食を作ったり、倫也の家の合いかぎをもっていたり……

先輩は、恵と自分のどちらをとるのかというメッセージを倫也に突き付けているのですが……

倫也は変なところでクリエイター魂が発揮しますからね~

詳細は次の感想で(笑)

4話 二泊三日の新ルート 感想

霞ヶ丘先輩の意図に反して、倫也はクリエイターとして、シナリオの問題点を見つけてしまう。

小説としては完璧だけども、ゲームシナリオとして穴だらけ。

作品としての質が違うから、先輩の作品は成立していなかった。

だから、選択肢、2つもどちらもリテイク。

これには、みんながつぶやいたでしょう。

「いや、そーじゃねーだろー」と

先輩も激怒して、加藤はあきれていました(笑)

まあ、そうだろうな。

しかし、最後はクリエイターとしての意地なのか先輩は立ち直り、倫也も巻き込んでシナリオのリテイクをしていくことになるのでした……

シナリオライターとして作品に参加することになる倫也。

倫也もやっとちゃんとしたクリエイターになれましたw

そして、霞ヶ丘先輩はやっぱりクリエイターとしてしか認識されていないのだろうなという結論が残酷ですよね。

倫也に異性として見られていたらこの結末はなかったと思うんですよね。

そして、最後は倫也と恵がダンスを踊るのでしたw

5話 締め切りが先か、覚醒が先か 感想

そして、先輩回が終わり、英梨々回突入です。

なんとかシナリオが完成したものの、納期が遅れに遅れている状況。

英梨々は自分を追いこむために、別荘に缶詰めしておくれを取り返そうとするのだが……

最初は順調だった英梨々の作業も少しずつ遅れ始めて……

恵はその状況を危惧するのだけど……

少しずつサークルの歪みが出てきている感じですね。

英梨々をクリエイターとしても、守るべき女の子としても考えている倫也がいけないんですけどね。

センパイ:クリエイター

恵:女の子

英梨々はその中間にいるから、遠くに行ってほしくないという独占欲が生まれてしまう。

先輩とはクリエイター対クリエイターになれるのに、英梨々には中途半端にしか接することができないのが今後の話では問題となってきます。

2 Replies to “【冴えカノ特集】アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ 3話・4話・5話感想”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です