habu1

【将棋】将棋ラブコメを書いてよかったこと

将棋ラブコメを書いてよかったこと
小説家になろうのほうに将棋ラブコメを投稿しているDと申します。

おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~


ついに拙作のほうが20万PV達成しましたので、今回は記念エッセイとなります。
お題は、将棋ラブコメを書いてよかったこと。

笑い袋のイラスト

① 将棋が強くなった
なんと将棋が強くなりました(笑)
書いている途中にアマ二段からアマ三段に昇段しております。
これにはいくつか理由があって、自分の対局を題材に小説を書くことが多くなったので、一局一局を大事にできるようになったこと。
また、勝っても負けても、取材を兼ねてかなり詳細に反省会をおこなうことで、手を深く読めることができるようになったことが影響しているはずです。
また、局面の参考のためにプロの棋譜をたくさん並べたので、かなりいい勉強になりました。
棋力の伸び悩みに苦しんでいるあなた。もしかすると、将棋小説を書くといい影響がでるかもしれませんよ。

② 将棋仲間が増えた
これも大きいです。
ああ、将棋ラブコメのひとねと認知されたことで、twitter上での将棋仲間との交流が増えましたw
リアル大会で活躍するアマ高段者の方々、詰将棋作家さん、観る将棋ファンさんなどなど。
いままでひとりでさびしくネット将棋をすることが中心だったので、かなりバラ色の将棋ライフになりました。
たまに、将棋のニュースサイトにも取り上げられたりと結構充実した将棋ライフとなっています。
おかげでモチベーションアップです。

③ テンプレから離れて趣味に特化しても、意外となろうは受け入れてくれることが分かった
これは、創作側の利点ですね。
なろうってテンプレ作品以外なかなか受け入れ口が少ないイメージだったので、これは大きな収穫です。
まあ、大ヒットとまではいえないPVですが、転生も魔法もない、ファンタジー要素0の将棋というマイナーな分野を直球で取り扱っている作品なので、作者本人は結構満足しております。
案外、テンプレから離れて自分の趣味に特化しても、なろうのすそ野は広いです。

以上、これが将棋ラブコメを書いてよかったことです。
今回言いたいことは簡単です。
自分の趣味を突き詰めて、創作に生かすことはかなり重要だと私は思います。
書籍化など大きな成果はだせていませんが、自分が満足できる結果を得ることはできるようになると思います。
そうすれば、創作以外の場所でも、付随的にいいことができてくる。
そうすれば楽しい趣味の世界が人生を豊かにしてくれるのではないでしょうか?

将棋ラブコメは、もうすぐ完結編の全国大会編となります。
そちらもよろしくお願い致しますm(__)m

投稿者:

D

小説家になろうで、小説を書いています。 得意ジャンルは、ラブコメ、SF、歴史もの。 このサイトでは、オリジナル小説・詩・ゲームの紹介や読んだ本の書評をしていきたいと考えています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です