【冴えカノ特集】『冴えない彼女の育てかた』原作Girls Side 2・10巻感想

前回までの感想

Girls side 2

 さきほども書いたように、これは番外編。本編ではあまり絡まないキャラを絡ませたり、登場人物を補足したり、漫画版しか登場していない人物を逆輸入してきたりと。王道の番外編です。そう、あの時までは……。

 特筆すべきは、メインヒロインと幼馴染ヒロインの仲直りイベントまで、番外編でかいてしまっているのです。これって本当に番外編なのかよ。ツッコムしかない。そして、最後の2頁で、すべてをもっていく爆弾がしかけられている。これが無慈悲の一撃。

 引用しようと思うので、未読でネタバレが嫌な方はお戻りください

 場面はヒロイン同士が仲直りした夜の布団でのガールズトーク。幼馴染ヒロイン 英梨々 は、彼女(加藤恵)に主人公(倫也)とのなかはどうなのかとそれとなく聞くシーン。

「ずっと、何とも思ってなかった相手だったのに、ある日を境に、そのそうじゃなくなる、こともある」

……

「もちろん、そうじゃなくなったはずなのに、またある日を境に元通りになることだってある」

……

「さぁ、どっちなんだろうね?ま、でも、一つだけ言えることは……」

……

「少なくとも、一度は変わったこと、あるよ?」(232頁から233頁)

 もうノックアウトです。これを初めて読んだとき、そのあとなにもすることができなくなりました(笑)。今まで、匂わせるだけだったヒロイン側の感情がここまでストレートに書かれるとは。この言葉選びのセンスもいい。もう大好き。これだからラブコメはやめられない。

 気持ち悪い感想を書いてしまいましたが、言いたいことが言えたので大満足

10巻

 10巻は、元シナリオ担当の霞ヶ丘先輩のメイン回。大きな仕事を任され、別の道を歩んだ彼女は、より大きな才能を前にスランプに陥ってしまう。それを、倫也が手助けして乗り越えるのですが、その描写が結構好きです。

 ゲームで先輩そっくりのキャラクターをつくり、ゲームの主人公に頼ることで困難を乗り越えていくシナリオを作る。これは本来、現実世界でもありえた描写なんですよね。ただ、先輩が頼ることをしなかったから、主人公がファンであることに固執してしまったから、訪れなかったエンディング。

 これって、ひとつのメッセージなんだと思います。どうして、自分に甘えようとしてくれなかったのか。自分の弱さをみせようとしなかったのか。主人公はありえたエンディングをみせることで、先輩にそれを伝えようとしているのかもしれません。

 すでに、おわってしまった関係というのを自覚しているからこそ。

2 Replies to “【冴えカノ特集】『冴えない彼女の育てかた』原作Girls Side 2・10巻感想”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です