【将棋】疲れた時の将棋との向き合い方

疲れた時の将棋との向き合い方

ということで、今日のブログは、仕事や勉強、部活等で「疲れた時の将棋との向き合い方」についての考察です。


正直、将棋で一番難しいのは疲れているときにどうするか。
頭が働かなくてとんでもない一手を指して、大敗。レートや達成率が暴落する。
あるあるですね。

 わたしもよくやりました(笑)
なので、そんな時、どう将棋と向き合えばいいのかを考察していきます。
スランプとの向き合い方にちかいはずです。

極力、対局はおこなわない

これが一番大事です。悲惨な負け方をする可能性が高いですw
惨敗→意地になって連敗→モチベダウン→引退

このデフレスパイラルみたいなものありますよね(笑)
なので、対局は減らす方向でいきましょう。
一局、酷い負け方をして、疲れているときは、対局しない。
これが重要ですw

早く寝る

スポーツのコーチに聞いたことがあるんですが、スポーツ選手のパフォーマンスが一番いい時は、たくさん練習して、疲れて休息した次の日くらいらしいです。疲労から回復した瞬間に、最高のコンディションが作られる。

私も、木・金曜日は疲れているので、週末10時間くらい寝ると、土日に将棋の調子が良くなります。

なので、このコーチの意見は将棋にも使えるはずです(笑)
ご飯を多めに食べてとりあえず寝ちゃいましょう。

簡単な詰将棋や定跡を復習する

難しい将棋の練習をすると疲労が蓄積します。
なので、簡単なトレーニングをして、早く寝ちゃいましょう。

私がおすすめするのは、簡単な詰将棋や得意戦法の定跡の復習です。
これならあまり負荷がかからずに、将棋の実力を維持できます。

級位者の方なら1~3手詰、有段者の方なら3~5手詰くらいがねらい目じゃないかと思います。
いつも使っている詰将棋や定跡書をかるく読んで、自信をつけて幸せな夢を観ましょうw

軽い運動をして、睡眠の質をあげる

運動して少し疲れると寝つきが良くなりますね。
なので、ウォーキングなど軽い運動してみてもいいかもしれません。
アクティブレストといって、軽い運動は疲労回復に効果があると『ダンベル何キロ持てる?』というアニメでも紹介されていました(笑)

まとめ

はい、一言でまとめます。
「早く寝ろ」ですねw

将棋界隈は、私を含めて夜更かし大好き人間が多いので、かなり自戒の意味を込めて書きました。

それではみなさん楽しい将棋ライフを!

4 Replies to “【将棋】疲れた時の将棋との向き合い方”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です