【冴えカノ特集】『冴えない彼女の育てかた』原作7巻感想

前回までの感想

ネタバレ有感想です。ご注意ください。

7巻感想

 前回、仲たがいした倫也と恵の関係修復と、霞ヶ丘先輩と英梨々の心境の変化をえがいた巻です。ここまでが、このシリーズの第1部となっています。

 恋愛ゲームでいうところ、共通ルートがこの巻で終わったと私は思います。第1部がヒロインの誰を選ぶのか模索していく状況で、第2部からは選ばれたヒロインとの個別ルートになっている。

 主人公とメインヒロインの仲直りのとき、倫也は怒っている原因は「幼馴染とおれが最近、妙に仲が良いからじゃないのか?」と聞くシーンがあります。その際の加藤の返しが怖い。三点リーダーが無数についた後の「何を言っているの」というセリフ。でも、ここでは完全にそれを否定していないんですよね。「何を言っているの?」とか「本当にそれを疑っていたの?」とは問い詰めるんだけど、明確に否定はしていない。ここに複雑な心境が隠されていると思うのです。ここが非常にグッとくる。

 サークルの仲間を思う気持ち、倫也への好意、そして、今までなんでも自分に相談してくれていたのにも関わらず 英梨々のことだけは話してくれなかったという猜疑心。

 たぶん、加藤は、ここで倫也の特別になれなかったことにショックをうけていたのではないかと思うのです。

 出会ってから最大の危機がそこにはあった。さらに、 英梨々や先輩の裏切り(恋愛や友情よりも夢や仕事を選ぶという選択)も追い打ちをかけてくる。でも、2人はそれを乗り越えていこうという選択をすることで、ついにメインヒロインの個別ルートに突入していく。もう,そうすることが普通であるかのように。

 ここまでの流れがとてもよかった。小説で内容を知っているにもかかわらず、アニメで転げまわるほど素晴らしかった。この作品は最高です。

 ここで完全にメインヒロインが確定したと私は判断しています。

 作者がゲームのシナリオライター出身だからこそ、第一部が共通ルート、第二部が個別ルートという位置づけなのでしょう。

 前作の『white album2』との違いはヒロインの強度じゃないかなと思います。

 冴えカノは、ヒロインたちが強いんですよね。弱さを持ちつつも、雪菜やらかずさほどの弱さがない。

  英梨々はたしかに弱さが内在していますが、彼女のヒロインとしての最大の問題は圧倒的すぎること。そして、最後まで素直になりきれなかったこと。

 ここがかずさとの違いなんじゃないかなと思っています。

 このネタについては今後別の記事で考察したいので今日はここまで。

 閲覧ありがとうございましたm(__)m

2 Replies to “【冴えカノ特集】『冴えない彼女の育てかた』原作7巻感想”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です