【将棋】将棋で効率的な棋譜並べをする方法

さて、今日は棋譜並べについて語りたいと思います。
実際に棋譜並べって、難しいんですよね。このまえも級位者の方が難しくて悩んでいました。せっかく勉強するには、最大限効果を発揮するための前提条件などを書いていきたいと思います。

仕事を投げ出す白衣の男性のイラスト

(プロの棋譜並べの前提条件)
・基本手筋をおぼえている(『羽生の法則』レベルをほぼ暗記している)
・9手詰くらい解ける
・寄せと囲い崩しの基本手筋をマスターしている
・並べる戦法の基本定跡(簡単な変化)を理解している(40~60手目くらいまで本を読まないでもわかる)
・並べる戦法の分かりやすい定跡書(できるかぎり最新版)

これくらいの実力を満たしていないと、解説を読んでもちんぷんかんぷんになってしまうと思います。たぶん、これを満たせばアマ初段以上の実力ですね(;’∀’)

ちなみに前提条件を満たしても、解説なしの棋譜はわからないと思いますw
解説有の棋譜でかろうじて、部分的にわかるくらい。

ここからは、もっとわかるようになるために必要なものをあげていきましょう。

・超優秀な先生(アマ四段以上)
・強い将棋ソフト(ぴよ将棋以上)
・プロの解説動画
この3点のうちどれかが欲しいです。

なぜなら、どうしてその手が選択されたか理解できない時に、教えてもらう必要があるからです。
先生をアマ四段以上に設定したのは、多くの人がその段階に達したときに、はじめてプロの手の意味がわかるようになったと言っているからです。つまり、自分はまだその域に達していません(笑)

私は基本的に技巧2を先生にしています。あとはNHK杯を録画しておいたりして、その解説を参考にしていることが多いです。abemaTVでは、過去の名勝負のアーカイブ配信があるのでそちらも利用。

これくらいの事前準備がないと、プロの棋譜はわかりませんw
あと、おすすめは女流棋士の先生方の将棋を並べる方法です。
並べていない人も多いと思いますが、それはもったいないです。
そこらへんのアマたちよりもはるかに強い棋譜です。さらに、定跡も古き良き時代のものから、最新形までカバーできるのでアマチュアには特に勉強になると思います。対抗形や相振り飛車も多いですし。
特に嬉しいのは、わかりやすい詰みの形まで指してくれること。投了図から、引き継ぐと実戦形詰将棋に早変わりするので、とてもお得。

基本的な終盤の寄り手筋が披露されることが多いので、級位者や初段レベルの人はぜひとも取り入れてほしい勉強法だと思います。
実際、自分も女流棋士の棋譜並べを結構しています。
なので、実力upのために棋譜並べをしたいひとは、女流棋士の先生方の棋譜並べをするのがベターだと思います。

王手のイラスト(女性)

ちなみに鑑賞用に棋譜並べするときはこの限りではありません(笑)

3 Replies to “【将棋】将棋で効率的な棋譜並べをする方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です