対抗形定跡研究① 超速vsゴキゲン中飛車(居飛車左美濃)

はじめに

ということで、今回は珍しく居飛車側に焦点を当てた定跡研究です。

今回は級位者の方向きに、棋譜記号を使わない方針で解説していきます。

三段同士の対局を私なりの大局観を通して感じていただけると嬉しいです。

今回の課題局面はこちら。

よくある対抗形の形です。

居飛車側は、超速早繰り銀で、ゴキゲン中飛車を抑え込んで、固さ勝ちを狙っている。

対して、中飛車側は、理想形を着々と作り始めている状況です。

基本的に中飛車はこちらの陣地を構築できたら、一局の将棋になりやすいです。

良く言われる中飛車の理想形ですね。

囲いはケースバイケースですが、金美濃・片美濃・銀冠・穴熊、そして、こちらの木村美濃が一般的です。

とりあえず、中飛車を指したい方はこちらの陣形を目指しましょう(笑)

今回、私は角交換を避けて、左美濃を構築。

固さで有利を主張しています。

さらに、駒組を進めるとこんな状況になります。

居飛車側が銀冠を構築。さらに飛車を中央に展開して、抑え込みを狙っています。

中飛車はほぼ理想形が完成。

お互いに主張が激突しております(笑) ただ、中飛車の駒組はかなり飽和状況に達しています。あとは、左桂が跳ねるくらい。

なので、居飛車側は、銀冠穴熊を示唆して、相手に選択権を委ねるのでした。

もし、このまま攻めてこなかったら、固い銀冠穴熊が完成します。

なので、中飛車側の選択肢は①穴熊完成前に攻めるor②駒組の飽和状態まで進める【お互いに理想形が完成する状況】のどちらかですね。

今回はその選択肢がどうなるかを考察していきます。

分岐① 中飛車が攻める場合

こんな感じで6筋から攻めてくる場合ですね。

実は、これは居飛車有利です。

とりあえず、5・6筋の歩交換がはじまりますね。

そして、この一手が狙い。

仮に飛車で歩を取った場合は、銀交換した後に割り打ちの手順が待っているので、中飛車側が劣勢になります。

これで振り飛車側が抑え込まれてしまうので、居飛車が優勢となりますね。

分岐② お互いに駒組を飽和させる場合

簡単に言うと、桂馬が跳ねる場合です。

この時は、お互いの飛車が二筋に動いて、にらみ合います。

その隙を狙って、居飛車側に銀冠穴熊が完成して圧倒的に優勢となります。

固さは正義です。

まとめ

ということで、この局面はかなり居飛車有利です。

私なりの中飛車観だと、木村美濃にせずに、囲いは銀冠などを選択するべきだったのではないかと思います。

超速の優位性は、居飛車側が囲いを固めやすくなることです。

隙があれば攻めますが、基本は囲い強化が超速の狙いだと考えるのが、私なりの大局観です。

<関連項目>

KIF形式棋譜ファイル

手合割:平手
先手:D
後手:三段のかた
手数—-指手———消費時間–
1 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
2 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
3 2六歩(27) (00:01 / 00:00:01)
4 5四歩(53) (00:01 / 00:00:01)
5 4八銀(39) (00:00 / 00:00:01)
6 5二飛(82) (00:01 / 00:00:02)
7 2五歩(26) (00:01 / 00:00:02)
8 5五歩(54) (00:00 / 00:00:02)
9 3六歩(37) (00:02 / 00:00:04)
10 3三角(22) (00:01 / 00:00:03)
11 3七銀(48) (00:00 / 00:00:04)
12 4二銀(31) (00:00 / 00:00:03)
13 4六銀(37) (00:01 / 00:00:05)
14 5三銀(42) (00:01 / 00:00:04)
15 6八玉(59) (00:00 / 00:00:05)
16 4四銀(53) (00:00 / 00:00:04)
17 7八玉(68) (00:01 / 00:00:06)
18 6二玉(51) (00:01 / 00:00:05)
19 9六歩(97) (00:01 / 00:00:07)
20 9四歩(93) (00:01 / 00:00:06)
21 5八金(49) (00:01 / 00:00:08)
22 7二銀(71) (00:00 / 00:00:06)
23 3七桂(29) (00:02 / 00:00:10)
24 7一玉(62) (00:01 / 00:00:07)
25 7七角(88) (00:02 / 00:00:12)
26 8二玉(71) (00:00 / 00:00:07)
27 8八玉(78) (00:00 / 00:00:12)
28 5一飛(52) (00:01 / 00:00:08)
29 7八銀(79) (00:01 / 00:00:13)
30 3二金(41) (00:00 / 00:00:08)
31 6六歩(67) (00:01 / 00:00:14)
32 1四歩(13) (00:03 / 00:00:11)
33 1六歩(17) (00:02 / 00:00:16)
34 6四歩(63) (00:01 / 00:00:12)
35 6七金(58) (00:01 / 00:00:17)
36 6三銀(72) (00:01 / 00:00:13)
37 2九飛(28) (00:03 / 00:00:20)
38 7四歩(73) (00:00 / 00:00:13)
39 5九飛(29) (00:03 / 00:00:23)
40 7三桂(81) (00:01 / 00:00:14)
41 8六歩(87) (00:02 / 00:00:25)
42 7二金(61) (00:02 / 00:00:16)
43 8七銀(78) (00:02 / 00:00:27)
44 8四歩(83) (00:01 / 00:00:17)
45 7八金(69) (00:00 / 00:00:27)
46 2二角(33) (00:03 / 00:00:20)
47 9八香(99) (00:02 / 00:00:29)
48 6五歩(64) (00:07 / 00:00:27)
49 同 歩(66) (00:00 / 00:00:29)
50 5四銀(63) (00:00 / 00:00:27)
51 6四歩(65) (00:00 / 00:00:29)
52 3一角(22) (00:00 / 00:00:27)
53 5六歩(57) (00:00 / 00:00:29)
54 同 歩(55) (00:00 / 00:00:27)
55 同 金(67) (00:00 / 00:00:29)
56 6四角(31) (00:00 / 00:00:27)
57 6五歩打 (00:00 / 00:00:29)
58 3一角(64) (00:00 / 00:00:27)
59 5二歩打 (00:00 / 00:00:29)
60 8一飛(51) (00:00 / 00:00:27)

変化:48手
48 3三桂(21) (00:00 / 00:00:20)
49 2九飛(59) (00:00 / 00:00:29)
50 1三角(22) (00:00 / 00:00:20)
51 9九玉(88) (00:00 / 00:00:29)
52 2一飛(51) (00:00 / 00:00:20)
53 8八金(78) (00:00 / 00:00:29)

2 Replies to “対抗形定跡研究① 超速vsゴキゲン中飛車(居飛車左美濃)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です