将棋ウォーズ終盤力4.7段を獲得した私の終盤勉強法

はじめに

なんかよくあるハウツー本みたいなタイトルになってしまいましたが、今回は私の終盤勉強法ですw

最近、この勉強法をためしてみると終盤での大逆転が増えて、いい感じです。

調子に乗って、花村元司九段みたいに、

終盤の入り口までに「互角で優勢」「不利で有利」「劣勢で互角」くらいのイメージで将棋を指しています。

完全に調子に乗っています(笑)

でも、将棋で一番楽しいのは、終盤戦のドキドキですよね。

詰むや詰まざるや。

一手差で寄せきる感覚。

あのスリルたまらない(笑)

あまりに調子がいいので、直近の棋譜を将棋ウォーズの棋神解析にかけてみたところ……

とかなり調子がいいことがわかりましたw

終盤力だけなら4段近くまで上がっております(笑)

自分で言うのもなんですが、4.7段だと、ほぼほぼアマトップクラスですよねw

ちょっと、ウォーズさん側の接待感がしますが、少し前の解析でこんな感じだったので、やっぱり終盤力が上がっていると思われます。

これは終盤の勉強をほとんどしていなかった時期の解析なので、ここからだいたい二ヶ月くらいでこの終盤力に達しましたw

その秘密を伝授したいと思います(笑)

しかし、この勉強法、かなりハードなので、みなさんも心してがんばってください(笑) 達成できれば間違いなく力はつくはずです。

トレーニングメニュー

1日分

・短手数の詰将棋(3~9手くらい) 30~80問

・必至や寄せの問題集 30~50問

・スマホ詰パラのレベル12~20くらいの問題 1~3問

以上

量的にはそんなに多くないと思う人がいると思いますw

これを1日も休まないで、数か月やり続けるのは、かなりの精神力が必要でしょう(笑)

短手数の詰将棋について

とりあえず、これがメイン。

浦野先生のハンドブックシリーズや高橋先生の〇手詰将棋シリーズなど、手に入りやすい一般的なものがおススメ。

自分的には

3手詰=80問 5手詰=50問 7手詰=30問くらいの量を目安にやっています。だいたい、自分が20~30分くらいで解ける量がこれくらいなので、それを目安に調整しています。

1週間くらいで400問くらい解くのが目標ですw

これでたしかな終盤力の基礎が身につきます。

筋トレみたいなものですw

寄せ・必死問題について

これは、実践トレーニングですね。

『寄せの手筋200』『寄せが見える本』とかを使って、ひたすら解く。

この本のレベルが5~7手詰くらいのレベルなので、級位者の方は最低でも5手詰が解けるようになってからやったほうがいいかもしれません。

詰将棋が直線的に勝つ方法。

こちらが、柔らかく勝つ方法になります。

実戦的な勝ち方を学ぶのにはこれ。寄せて、簡単な3~5手詰に討ち取る。

終盤の醍醐味ですw

この二つを同時に学ぶことで、バランスが良い美しい終盤力を身に着けることができるのです(笑)

スマホ詰パラについて

前2つは、筋力と実践力を身につける方法です。

そして、これは持久力を鍛えるトレーニング。

だいたいレベル12以上がおすすめ。

このレベル帯で、13手以上の詰将棋になりますので、同じ問題をうんうんと考え続けることになるでしょう(笑)

これで難しい終盤をたくさん考えることができる持久力が身につきます。

まとめ

以上、かなりハードなトレーニングになっています。

自分の体調や棋力と相談して、量を調整していってください。

そして、みんなで最強クラスの終盤力を手にいれよう!(笑)

「ナイス、バルク」(パクリ)

関連記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ村のランキングに参加中です。
おもしろかったらクリックしていただくととても嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です