【自作小説】やさしさ/日常/毒裁者

やさしさ

「ほんとうにごめん。でも、きみのことは、絶対に忘れない」

 3時間前、恋人に振られてしまった。

 理由は、たいしたことのないすれ違い。そして、その積み重ね。

 彼が切り出さなかったから、遅かれ早かれ自分が話していただろうという言葉だった。

「もう、お互い限界だよね。おわりにしよう」

 わたしはついにきたかと感じていた。

「うん、そうだね」とても簡単で短い言葉だった。

「ごめんね。おれがもっとしっかりしていればよかった」彼はこんなときまで、やさしかった。

「そんなことないよ。わたしだって、悪いところいっぱいあったでしょ」

 そして、冒頭の言葉に戻るのである。

「ほんとうにごめん。でも、きみのことは、絶対に忘れない」と。

 こんな時まで、彼はやさしかった。

 わたしは携帯をひらいた。

 彼へのメッセージをうちこむ。

 「どうして、こんなときまで、あなたはやさしいのよ。別れるんだから、嫌いにさせてよ。けんか別れして、お互い思いだしたくない思い出にさせてよ。そんなの自己満じゃん。いいひとにみられたいだけなんでしょ。どうして、こんな時まで。そんなこといわれたら、こっちまで忘れられなくなっちゃうじゃん」

 結局、メッセージは送らなかった。いや、送れなかった。

 涙でにじんだ月をみつめる。

 「そんな、あなたが大好きでした」消えいる声でそう叫んだ。

日常

妻とけんかした。

きっかけはささいなことだった。

飲み会の予定があったのに、連絡を忘れてしまった。たまにある不手際だった。

帰ってきたら妻はカンカン。

「ごはん作って待ってたのに」

運が悪いことに機嫌も悪かったらしい。

そのまま売り言葉に買い言葉。

妻はふて寝をはじめていまに至る。

「もう寝た?」おそるおそる妻にはなしかける

「寝たよ。爆睡中」

「そっか。ならこれはひとりごと」

「ふうん」

「さっきはごめん。言い過ぎたし、連絡も忘れてた」

「ふうーん」

「いつも忙しいのに、おいしいごはんありがとうね。大好きだよ」

おれは布団にはいった。横では妻の「フフッ」という声が聞こえたような気がした。

こうして、おれたちの日常はまたはじまる。

毒裁者

わたしは俗にいう独裁者だ。

名門の家に生まれて、幼少期より将来を嘱望されていた。順調にエリートコースを歩み、若くして軍の司令官に任命された。

当時の王は愚鈍で、民は苦しんでいた。そのうえ、戦争が好きで、機会があれば戦いがおこなわれていた。

義憤に駆られたわたしは、部下たちとクーデターを計画し、実行した。

人望がなかった王はすぐに捕縛されて、わたしのもとに連れ出された。

「リオよ、なぜわたしを裏切った」

バカな王だ。絶望と怒りを同居させた表情。なぜ、自分がここにいるのかもわかっていない。

わたしは王の質問には答えず、彼を断頭台におくった。

新しい王は、以前の王の弟を擁立した。傀儡の王である。

わたしは軍の総司令と大臣を兼務した。王ですら、わたしには逆らうことができなくなった。

厳格な階級制度を緩めて、奴隷を解放し、商業を奨励した。

とくに若者からの人気は絶大だった。わたしたちはいっしょに夢を見た。

既得権益をもった保守派貴族が反乱を起こしたが、敵ではなかった。首謀者、協力者はすべて粛清し、断頭台の藻屑にきえた。

わたしは理想に燃えた。しかし、理想を燃やせば、燃やすほど周囲は離れていった。

国の農業力を発展させるために、害鳥の徹底的な駆除を命じた。

「リオ様、それは性急すぎます」

常に側近として仕えてくれていたライがわたしを諫めた。

「あの鳥が絶滅した場合、どんな影響がおきるかわからないのです。どうか考えなおしください」

わたしは激高した。

「この大バカ者。あの鳥がいかに農民を苦しめているかわからんのか。わたしの国であんなものが生きることはまかりならん。自然に与える影響など些細なものにすぎない」

わたしはライを遠ざけ、閑職へ左遷した。

害鳥絶滅計画は、わたしの熱心な支持者によって忠実に実行された。

わたしは満足した。季節は秋になっていた。

外には美しい夕暮れと虫たちが優雅に踊っていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ村のランキングに参加中です。
おもしろかったらクリックしていただくととても嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です