詰将棋ブートキャンプ

はじめに

最近、必死をかけたのに、逃げ間違えして頓死→逆転負けが多いので、この前の記事にしたがって、詰将棋を解きまくっています。

ゴールデンウイークのkindle棋書バーゲンセールの時に買っておいた詰将棋本たちがついに有効活用される時が来ました(笑)

今はひたすら解いています。1日100問以上が目標。一緒にスマホ詰パラの長手数問題を数問解いておりますw

通勤時、昼休み、帰宅後。

只管打座の如く、ただ解きまくるw

スランプの時、読み切れなくなることが多いので、簡単な詰将棋を浴びまくるのは効果的ですね。

スランプ抜け気味ですが、ちょっとブートキャンプのように、しばらく続けていきたいと思います。

使っている問題集はこちら↓

詰将棋本

画像
画像

こんな感じですw 簡単な特徴はこちら。

簡単にレビューしておきます。カッコ内が棋力ですね

『1冊で詰みの基本が身につく3・5・7手詰』(級位者~初段)

こちらはこの中では比較的に簡単な問題集。詰将棋ハンドブックくらいの難易度です。ボリュームがあっていい。

『1から始める詰将棋』(級位者)

これもかなり簡単な1~3手詰中心。

『爽快!〇手詰トレーニング200』(初段レベル)

こちらはハンドブックより少し難しめの問題が多いです。

『全問実戦型!脳トレ7手9手詰』(有段者)

簡単な問題も多いですが、ラストの方は結構歯ごたえ有り。

アマ二~三段レベル?

『サクサク解ける詰将棋練習帳シリーズ』

これも二段・三段クラス向きの本格的な良問集。

『逆転の3手詰』

3手詰問題集の最高峰。かなり難しい。

記録

8・20

『1冊で詰みの基本が身につく3・5・7手詰』

3手詰×54問  5手詰×54問 

『スマホ詰パラ』

17手詰×1

21手詰×1

27手詰×1

合計111問

8・21

『サクサク解ける詰将棋 風の巻』

3手詰×40問

『 1冊で詰みの基本が身につく3・5・7手詰 』

5手詰×50問

7手詰×10問

合計100問

8・22

『 1冊で詰みの基本が身につく3・5・7手詰 』

3手詰×60問

7手詰×40問

だいたい、これくらいの分量を解いています(笑)

有段者にしては、解ける量が少ないのは、私が詰将棋が苦手なせいですw

ブログ村のランキングに参加中です。
おもしろかったらクリックしていただくととても嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村


その他の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です