中飛車関連本レビュー

私が実際に読んできた中飛車関連本を紹介していくページになります!

S→A→B→Cの順で、B以上がおススメなので、そちらのレビューとなります。

S(持っていないなら買うべき)

A(迷ったら即買うべし)

B(普通にいい本)

C(時と場合による)

難易度設定はこちら

易……2級くらいまでの実力

普通……初段前後

やや難……三段相当

難……アマ高段者

『最強アマ直伝! 勝てる将棋、勝てる戦法』評価:SS 難易度:易~やや難


(メリット)
・とてもわかりやすい解説。棋書が苦手な人でも読みやすい
・高い網羅性。対一直線穴熊・対角交換・対相振り飛車・対相中飛車をカバー
・これを一冊読むだけで、中飛車が指せるようになる。
(デメリット)
・後手中飛車の解説がないことだけ(ただ、応用はできる)
【総評】
今泉先生がアマチュア時代に書いた名著。高い網羅性とわかりやすい解説で、私の中で中飛車革命が起きましたw いまだに中飛車の本で最高でバイブル。私が二段・三段に昇段できたのはこの本のおかげが大きいですw
本当にわかりやすく、勉強になるので、中飛車に興味があるひとはぜひとも一読あれ!

『対振り革命 中飛車左穴熊』評価:S 難易度:普通~やや難


(メリット)
・中飛車のウィークポイントだった相振り飛車克服に必須の本
・専門書だけあって、今泉本の内容を大幅に補強できる。
(デメリット)
・今泉本より難しいので、級位者の方は、初段になってからでもいいかもしれない。
・新しい対策がどんどん生まれているので、やや古くなってしまっている。
【総評】
・今泉本とこれがあれば中飛車はほぼ完ぺきじゃないかとすら思える素敵な本。とりあえずこの二冊で有段者層でも通じる中飛車が指せるので、コスパも高い。

『相中飛車徹底ガイド』評価:S 難易度:普通~やや難


(メリット)
・プロはあまりやらないけど、アマチュア頻出の相中飛車について一冊丸々書かれた唯一の専門書
・安心安全の相振り飛車の大家杉山先生の著書(はずれるわけがない)
(デメリット)
・相中飛車最有力の囲い「金無双」をもう少し読みたかった。
・中飛車原理主義者用の本なので、読むべき人が少ない(読むべき人にはバイブルですw)
【総評】
今泉本・左穴熊本、そして、これが中飛車党三種の神器です。相中飛車は、私が最も得意とする戦型で、この本の内容をもとにソフトと研究して、ウォーズ三段~五段の方に勝率七割を誇っています。あまり、研究している人も少ない分野なので、中飛車党未開のフロンティア開拓のために必須の本です。さあ、僕と契約して、一緒に中飛車おじさんになろうよ(笑)

『青嶋の結論 対中飛車・居飛車穴熊必勝ガイド』評価:B 難易度:やや難


(メリット)
・本が少ない中飛車vs居飛車穴熊について丸々一冊書かれている。
・超速・一直線穴熊の定跡を確認できる。
(デメリット)
・難易度が高い
・使いこなすのに結構な実力が必要
【総評】
とてもいい本です。ただ、デメリットで上げたように使いこなすのが難しいため、評価を下げています。アマ高段以上向けに作られた本ですね。難しいです。

『わかる! 勝てる! 現代中飛車』評価:B 難易度:易~普通


(メリット)
・解説や手順がわかりやすい。→なども多用されていて、級位者の方でも読める
・対居飛車に特化。五筋位取り中飛車など。
(デメリット)
・網羅性で今泉本。希少価値性で、杉山本二冊に負ける。
・とてもいい本だが、名著たちとの比較で相対的に価値が下がってしまう。補完本としては最高の選択肢。

『ひと目の中飛車』評価:A 難易度:普通


(メリット)
・中飛車の基本的な定跡が網羅できる
・解説もわかりやすい
(デメリット)
・初段レベルに合わせているためか、有力な手順が割愛されている(わかりやすさ重視という注釈があります)
【総評】
中飛車版、『指しこなす本』の立ち位置。次の一手本コーナーでも紹介しました。わかりやすく、網羅性も高いので初段レベルを目指す人は必読の一冊。わかりやすさ重視の反動がやや気になるくらい。中飛車についての定跡書を読んで確認用問題集として使うのがベストか?

『将棋戦型別名局集5 中飛車名局集』評価:A 難易度:難

(メリット)

・中飛車の名局が100収録

・ツノ銀・風車・ゴキゲン中飛車と数多くの中飛車戦法が収録

(デメリット)

・廃れた対策の棋譜も多く、実戦で見たことがないものも多い。

・プロの棋譜なので難しい

・ノーマル中飛車・後手のゴキゲン中飛車が中心なので、先手中飛車党には少しだけ不満

【総評】

中飛車名局集です。幅広い中飛車の棋譜が載っています。ただ、プロの棋譜なので難しい。ノーマル中飛車も使う人は必須の本ですが、現代中飛車しか指さない人には無理してもたなくてもいいかもしれない。内容自体は素晴らしい&希少価値も高いので、Aランク評価とします。

『羽生の頭脳2』評価:A 難易度:やや難


(メリット)
・現状、絶版になっていないノーマル中飛車を学ぶことができる数少ない棋書
(デメリット)
・藤井システム・ゴキゲン中飛車・松尾流穴熊以前の本なので、内容が古い。
【総評】
内容は古いものの、掲載されている定跡に希少価値が高いため、評価を上げています。
ノーマル中飛車の説明は希少価値高い。

関連項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です