オリジナル戦法考察① 「ハチワン=Dシステム」

ということで、今日は将棋の考察記事です。

今回は 柴田ヨサクル先生 のマンガ『ハチワンダイバー』で開発された「ハチワンシステム」の考察記事です。少し自分の方でその戦法を魔改造したので、オリジナル戦法化しておりますw

よって「ハチワン=Dシステム」(仮)の名称を今回は使わせていただきます。

①ハチワンシステムとは?

まずは元となったハチワンシステムの解説です。

この図がハチワンシステムの基本図。

この状態を作った後に、相手が振り飛車・居飛車・急戦のどれを使うか見て、自分の戦法を決めるという大胆な戦法ですね。趣旨としては矢倉の森下システムに近いものを感じます。

例えば、相手が対振りの姿勢を先に作ったら、ここから雁木に変化して上から押しつぶす。

相手が矢倉に組んでくるものなら、振り飛車にして作戦がちにする。

こんな感じの狙いなんですが、一つ問題があります。

それは、はやめに左辺がツノ銀の形になりやすいので、相手に飛車を振られた時に、苦戦しやすいんです。

この状態だと、対抗形は難しいし、相振りにしても中飛車or四間飛車にしか振れずに作戦負けしやすいです。

よって、今回は相手が振り飛車にしてきても大丈夫なように、システムを魔改造したいと思います(笑)

なお、先手用のシステムはまだ未完成なので、後手番専門となりますw

基本的には、角道を閉じて、ノーマル振り飛車でよく見るこの形を作ってしまいましょう。

or

②vs矢倉

まずは、相手が矢倉を目指してきた場合です。

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4四歩 ▲6八銀 △4二銀 ▲4八銀 △4三銀 ▲7八金 △3二金 ▲5八金 △5二飛

相手が、カニ囲いを作ってきた状態を見て、中飛車に振る感じ。相手は雁木か矢倉になると思っているので、驚くことでしょうw

これで相手は、ノーマル中飛車に矢倉で挑まなくてはいけなくなるので、作戦負けと言えるでしょう。

もしくは、このまま雁木にして矢倉つぶしをしても美味しいです。

③vs舟囲い

こちらはねらい目ですw

角道を閉じて、銀の動きをみると、対振りになると予想して、舟囲いをフライング気味に作っちゃうことあるじゃないですかw

その油断をつきましょう。

基本図のツノ銀の形を作る前に相手が舟囲いを作ってきました。

これは狙い撃ちできます。

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角  ▲4八銀 △4二銀 ▲6八玉 △4三銀 ▲7八玉 △6二銀 ▲5八金右 △6四歩 ▲6八銀 △6三銀 ▲7七銀 △3二金 ▲6六歩 △5二金 ▲6七金 △4一玉 ▲7九角 △5四銀  ▲5六歩 △7四歩 ▲3六歩 △6二飛

相手は、矢倉に組み替えようとしますが、後手がもう攻撃準備が整いました。

先攻できるので、後手有利。

➃vs振り飛車

さあ、懸念となる対振り飛車です。

悩んだ結果、たどり着いた結論は、「右玉」ですw

対振りの右玉ですね。

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4四歩 ▲6八銀 △4二銀
▲7七角 △4三銀 ▲6七銀 △3二金 ▲6八飛 △6二銀
▲4八玉 △7四歩 ▲3八玉 △6四歩 ▲5六銀 △7三桂
▲2八玉 △6三銀 ▲3八銀 △7二金 ▲4六歩 △8一飛
▲5八金左 △6二玉

俗に言う「糸谷流右玉」です。

糸谷哲郎八段が、デビュー当初勝ち星を稼いだあの戦法ですw。

これはすべての振り飛車につかうことができるので、「ハチワン=Dシステム」の根幹になる戦法ですw

従来のハチワンシステムの悩み、対振り飛車戦をこれひとつでのりきることができます。

対居飛車だったら、雁木(相手が舟囲い模様の時)or中飛車(相手が雁木か矢倉模様の時)で対抗。中飛車をおぼえるのが面倒だったら、雁木オンリーでもいける。

振ってきたら、すべて右玉ですw

つまり、ふたつorみっつの戦法を覚えるだけで、ほぼオールジャンルの敵と戦えるのが魅力ですね。

これが「ハチワン=Dシステム」 の概要になります。

今後はこの戦法を補完するために、「矢倉vs中飛車」・「矢倉vs雁木」・「船囲いvs雁木」・「対振り右玉」の記事を追加していこうと思います。

以上、偉大なる柴田ヨサクル先生の開発した「ハチワンシステム」魔改造の巻でした(笑) ハチワンダイバー面白いのでみんなも読んでくださいね!

KIF形式棋譜ファイル

手合割:平手
先手:
後手:
手数—-指手———消費時間–
1 7六歩(77) (00:00 / 00:00:00)
2 3四歩(33) (00:00 / 00:00:00)
3 6六歩(67) (00:00 / 00:00:00)
4 4四歩(43) (00:00 / 00:00:00)
5 6八銀(79) (00:00 / 00:00:00)
6 4二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
7 4八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
8 4三銀(42) (00:00 / 00:00:00)
9 7八金(69) (00:00 / 00:00:00)
10 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
11 5八金(49) (00:00 / 00:00:00)
12 5二飛(82) (00:00 / 00:00:00)

変化:7手
7 7七角(88) (00:00 / 00:00:00)
8 4三銀(42) (00:00 / 00:00:00)
9 6七銀(68) (00:00 / 00:00:00)
10 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
11 6八飛(28) (00:00 / 00:00:00)
12 5二金(61) (00:00 / 00:00:00)
13 4八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
14 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
15 3八玉(48) (00:00 / 00:00:00)
16 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
17 2八玉(38) (00:00 / 00:00:00)
18 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
19 3八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
20 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
21 5八金(69) (00:00 / 00:00:00)
22 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
23 4六歩(47) (00:00 / 00:00:00)
24 6二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
25 7八飛(68) (00:00 / 00:00:00)
26 8一飛(82) (00:00 / 00:00:00)

変化:12手
12 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
13 4八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
14 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
15 3八玉(48) (00:00 / 00:00:00)
16 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
17 5六銀(67) (00:00 / 00:00:00)
18 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
19 2八玉(38) (00:00 / 00:00:00)
20 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
21 3八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
22 7二金(61) (00:00 / 00:00:00)
23 4六歩(47) (00:00 / 00:00:00)
24 8一飛(82) (00:00 / 00:00:00)
25 5八金(69) (00:00 / 00:00:00)
26 6二玉(51) (00:00 / 00:00:00)

変化:3手
3 2六歩(27) (00:00 / 00:00:00)
4 3三角(22) (00:00 / 00:00:00)

変化:4手
4 4四歩(43) (00:00 / 00:00:00)
5 2五歩(26) (00:00 / 00:00:00)
6 3三角(22) (00:00 / 00:00:00)
7 4八銀(39) (00:00 / 00:00:00)
8 4二銀(31) (00:00 / 00:00:00)
9 6八玉(59) (00:00 / 00:00:00)
10 4三銀(42) (00:00 / 00:00:00)
11 7八玉(68) (00:00 / 00:00:00)
12 6二銀(71) (00:00 / 00:00:00)
13 5八金(49) (00:00 / 00:00:00)
14 6四歩(63) (00:00 / 00:00:00)
15 6八銀(79) (00:00 / 00:00:00)
16 6三銀(62) (00:00 / 00:00:00)
17 7七銀(68) (00:00 / 00:00:00)
18 3二金(41) (00:00 / 00:00:00)
19 6六歩(67) (00:00 / 00:00:00)
20 5二金(61) (00:00 / 00:00:00)
21 6七金(58) (00:00 / 00:00:00)
22 4一玉(51) (00:00 / 00:00:00)
23 7九角(88) (00:00 / 00:00:00)
24 5四銀(63) (00:00 / 00:00:00)
25 5六歩(57) (00:00 / 00:00:00)
26 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
27 3六歩(37) (00:00 / 00:00:00)
28 6二飛(82) (00:00 / 00:00:00)

変化:22手
22 7四歩(73) (00:00 / 00:00:00)
23 5六歩(57) (00:00 / 00:00:00)
24 7三桂(81) (00:00 / 00:00:00)
25 7九角(88) (00:00 / 00:00:00)
26 6二玉(51) (00:00 / 00:00:00)
27 3六歩(37) (00:00 / 00:00:00)
28 8一飛(82) (00:00 / 00:00:00)

One Reply to “オリジナル戦法考察① 「ハチワン=Dシステム」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です