【自戦記】先手中飛車vsアオい将棋さん

今日は、友だち対局をさせていただきました。お相手は、twitterのフォロワーの「アオい将棋」さんというかたです。

アオいさんは、youtubeに、将棋動画も投稿されている強豪です。下のリンクが、チャンネルへのリンクなので、是非ともご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCQrqQfAyfpZlkLrhHuAKUaw

ということで、強豪に将棋を教えてもらうべく、中飛車おじさんは、先手中飛車で無謀にも戦いを挑んだのでした(笑)

以下、感想戦

1~19手目 自分はいつも通り▲中飛車を採用。普通の対抗形のような形で進む。

20手目 まさかの桂馬跳ね。自分の用意していた研究が、木っ端みじんに吹き飛んだ瞬間である(笑) このあたりでフリーズして、かなり持ち時間を使ってしまいました。これが終盤の悲劇に繋がる。

23手目 ▲5九飛車 角を渡しているので、将来的な割り打ち対策で、バランスを取る一手

24手目 △1五歩 ここは悩んだが、端の位を放棄して、囲いとバランスよい陣形作りを急いだ。どんな急戦になるのか怖かったわけじゃない(白目) 冷静に考えると、端歩を受けた方がよかったと思う。

30手目 △4二金 美濃囲いを作るのかと思っていたんですが、中央の封じ込めを目指す一手。やめて、もう、自分の研究ストックは0よ

35手目 悩んだ末の緩手。▲8九飛車のほうがよさそうですね。ここまでは、自分がやや不利くらい。

38手目 まさかの中住まい。完全にフリーズする。研究しているわけがない。諦めて銀冠を作りはじめる自分

48手目 △4四金。ここがアオいさんの疑問手だった。なぜか、そこに気がつく自分(笑) ちょっとした構想を思いつく

55手目 ▲5四歩。これが構想していた罠。同歩の場合は、7一角打で飛車金取りが成立する。同銀でも、桂馬の頭が弱くなるので、自分有利~優勢。3五歩で攻め合いかなと予想していた。

56~59手目 罠炸裂。

60~88手目 自分がじわじわと寄せいていく。お互いに疑問手なく、冷静に対処し、一進一退の攻防。このあたりで、自分の持ち時間が2分を切る(今回は切れ負けです)。序盤のフリーズが響いた。

89手目 大悪手。自分の敗着の一手。30手近い神経戦&持ち時間で、完全に焦っていた。王を下段に落として寄せるはずが、角の利きを見落とす。これで大逆転を許す。▲5四歩打△ 同 歩▲同 桂 △同 銀▲同 飛とかの手順のほうがよかった。

90手以下 追いすがる自分を綺麗にかわして、アオいさんの勝利が確定。自分は悔しくてのたうち回る(笑)

ということで、今回は負けてしまいました(´・ω・`)しかし、終盤でミスるということは、まだまだ実力不足の証拠。あと、かなり緩めてもらっていると思うので、まだまだ努力が必要ですね汗

最後にお世話になったアオいさんのおススメ動画です。下の右四間飛車動画とても勉強になりました。

以下、今回のKIFを作ったのでよかったらソフト等でご利用ください。

先手:自分
後手:アオいさん

▲5六歩 △8四歩 ▲5八飛 △8五歩 ▲7八金 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲7六歩 △6二銀
▲7七角 △5二金右 ▲6八銀 △3四歩 ▲4八玉 △7七角成
▲同 銀 △3三桂 ▲3八玉 △1四歩 ▲5九飛 △1五歩
▲2八玉 △4四歩 ▲3八銀 △4三金 ▲6六銀 △4二金上
▲5五歩 △6四歩 ▲7七桂 △4五歩 ▲2六歩 △3五歩
▲2七銀 △5二玉 ▲3八金 △9四歩 ▲9六歩 △7四歩
▲3六歩 △同 歩 ▲同 銀 △7三桂 ▲3七桂 △4四金
▲7五歩 △6三銀 ▲7四歩 △同 銀 ▲7五歩 △6三銀
▲5四歩 △同 歩 ▲7一角 △7二飛 ▲4四角成 △5三角
▲3四馬 △4三金 ▲2三馬 △3四歩 ▲4五桂 △同 桂
▲同 銀 △7六歩 ▲3四銀 △4二歩 ▲4三銀成 △同 歩
▲5五歩 △同 歩 ▲5四歩 △同 銀 ▲4六桂 △2六角
▲3七歩 △2二歩 ▲2四馬 △7七歩成 ▲同 銀 △6五銀
▲5五飛 △5三歩 ▲8三金 △7一飛 ▲5一金 △同 飛
▲同 馬 △同 玉 ▲7三金 △4九銀 ▲3四桂 △3六歩
▲7一飛 △6一桂 ▲6三桂 △4一玉 ▲6一飛成 △3二玉
▲2五桂 △3八銀成 ▲同 玉 △3七角成
まで106手で後手の勝ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です