【詩】天空の梯子/青海/イルミネーション

「天空の梯子」

【本文】
空を見た。
雲が広がっている。
太陽は、雲の中に隠れて冬眠している。
気温は少しずつ下がっている。

空を見た。
雲が広がっている。
天空の水道が、蛇口を開いたようだ。
世界が潤っていく。

空を見た。
雲が広がっている。
空の水道工事は、終わったらしい。
水漏れは、もうなくなった。

空を見た。
雲が広がっている。
雲が少しずつ薄くなっていく。
光がもうすぐ見えてくる。

空を見た。
雲が少なっていく。
天空の梯子が地上に降り立った。
ここは楽園に変わった。

「青海」

【本文】

わたしは、空を見た。
そこには、青い海が広がっている。
どこまでも続く晴天の青さだった。
本物の海よりも広大で、穏やかな表情をわたしはみつめる。

ねぇ、この海ってどこまで続いているんだろうね。
わたしは、彼にふと聞く。

どこまでも続いているし、すぐそこで止まってもいるんじゃないかな。

彼は笑ってそう言った。

わたしは、不思議な気分になる。
この広大な海は、世界のどこまでも広がっている。
そして、ここが終点でもある。

人間って、出発点でもあって、終着点。
わたしたちは、笑った。

「イルミネーション」

【本文】

都会で見たイルミネーションはきれいだった。
でも、ここにはなにもない。
電灯すら探すのが困難なこの田舎にはなにもない。
最寄りのコンビニまでは徒歩50分、自販機までは20分の距離だ。

都会で見たイルミネーションはきれいだった。
でも、ここにはなにもない。
ここは少しずつ死に絶えていく。
若者はどこかへ行き、大人だけがここに残る。

都会で見たイルミネーションはきれいだった。
でも、ここにはなにもない。
散歩の途中で、田んぼを見た。
3つの灯り《イルミネーション》が輝いていた。

←前 次→



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です