【詩】景色/かわ/あさひ

「景色」

わたしは、窓から外を眺めた。
田舎の景色が広がる。
灯りはほとんどない。
あるのは、暗闇によって姿を消した田んぼと、車のライトだけ。

なにもない世界が、わたしのまえには広がっている。

わたしは、窓から外を眺めた。
田舎の景色が広がる。
灯りは少し増えた。
新しくできたコンビニが、遠くでもわかるくらい光っている。

なにもない世界が、わたしのまえには広がっている。

わたしは、窓から外を眺めた。
闇夜には星々が広がっている。
なにもないからこそ見える灯りだ。
悠久の歴史が、わたしを照らし続けてくれる。

無限の世界が、わたしのまえには広がっている。



「かわ」

わたしは、川を眺めていた。

水は少しずつ流れている。
魚が飛び跳ねた。

わたしは、川を眺めていた。

河川敷には牛がいる。
のっそり、のっそり歩いている。

わたしは、川を眺めていた。

河川敷で、バーベキューをしている。
本物の牛の近くで、バーベキューをしている。

わたしは、川を眺めていた。

川の中に、夕日が生まれた。
キラキラとした光が輝いていた。

わたしは、川を眺めていた。

夕日は、どこかに遊びに行って、まあるい月が笑っている。
虫の合唱を聞きながら、彼女は笑っていた。

さあ、家に帰ろう。



あさひ

朝日を浴びた。

窓から外を見る。
今日は、晴れだ。
庭にできた柿が、輝いている。
黄金の木の実がそこにあった。

朝日を浴びた。

窓から外を見る。
今日は、霧が出ている。
前の川から、立ちこめるもくもく。
光と霧が反射して、幻想郷をつくりだす。

朝日が出ていなかった。

窓から外を見る。
今日は、雨だ。
窓ガラスを、風雨がぱちぱち叩く。
天然のビートをきざむドラムをわたしは見ていた。

朝日を浴びた。

窓から外を見る。
今日は晴れだ。
外は、白化粧で輝いている。
また、冬が来た。

←前 次→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です