【自作小説】パン屋のおやじ

【自作小説】パン屋のおやじ(ヒューマンドラマ)

【本文】
 おれは小さいパン屋を経営している。
 超有名店というわけではないが、家族3人が食べていく分には問題ない。

 いわゆる、「町のパン屋さん」というのがしっくりくる。
 朝は4時に起きて、5時から勤務開始。

 サラリーマン時代によく遅刻していた俺が、よく続けられていると感心している。
 脱サラをする際は、妻が大反対すると思っていた。でも、こころよく賛成してくれた。

「いいじゃん、私パン好きだし」
「軽っ」
 思わず吹き出した。

 経営が安定するまではスーパーでバイトをしてくれて、今では仕込みの手伝いまでいる。
 口にはださないが、自慢の妻だ。

 生地をこねて、オーブンで焼く。
 同時並行で、バイトくんがパンの具のカレー、あんこ、クリーム、ウィンナー、焼きそばなどを用意する。
 バイトの山内くんも最近、慣れてきた。とても、頼りになる。

 そして、パンが焼きあがった。この瞬間、とても幸せな香りが調理場を包む。
 小麦とバターが作り出すあの幸せな香り。

 妻や山内くんといつもニヤニヤしてしまう時間だ。
 開店時間まで、あと15分。
 店にパンを並べはじめる。

 息子もそろそろ学校にいく時間だろう。
 最近、「お父さんの後を継いで、パン屋になりたい」といっているらしい。
 子どもに自分の仕事が認められるというのは、親冥利につきる。

 外では学生さんやサラリーマンの姿が見えてきた。
 もうすぐ、開店だ。
 今日も自分は生きていると感じている。

←前 次→



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です