【小説】夕暮れの墓前(ヒューマンドラマ)

夕暮れの墓前(ヒューマンドラマ)

【本文】
 わたしはいま妻の墓の前に立っている。
 妻は3年前に死んだ。突然の死だった。

 かえるの声と田んぼの野焼きの煙臭さにあふれたさびれた墓地。
 まわりには誰もいない。

 私は、持ってきた日本酒のふたを開ける。
 妻に飲みすぎだといつもいわれていた酒だ。本当になつかしい。

 これが最後の酒となる。安酒だが、最後はこれしかない。
 意識がどんどん遠くなる。ただ眠い。

「苦労をかけたな」
 いないはずの妻にわたしはこうつぶやいた。 

 落日だけがわたしと一緒だった。

※小説家になろうにも投稿しています。

←前 次→



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です