【映画感想】ボヘミアンラプソディ

今、話題の映画「ボヘミアンラプソディ」を観てきました。
ということで、感想記事となっています。
ネタバレがあるかもしれません。ご注意くださいm(__)m



兄が観たいと言っていたので、それに付き合うかたちで映画館へ。『名探偵コナンゼロの執行人』以来の映画館だったので、半年ぶりくらい。

売店でキャラメルポップコーンとコーラを買って準備万端。
いざ、映画館へ。

とはいっても、事前情報はほとんどなしで行ったのでわかるか不安でした。
なんとなく、バンドのクイーンについての映画だとしか知らず。
そもそも、クイーンは、テレビのドラマやCMで有名な歌を聞いたことがあるくらいという……。メンバーの顔は見たことがあるけど、名前が一致しない。
そんな、クイーン初心者の私でも十分楽しめるくらいおもしろかったです。

ストーリーは、伝説的なバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーを主人公とした伝記映画ですね。
厳格な父との対立、クイーンの結成、メアリーという恋人とのロマンスを経て、飛躍していく前半部分と、少しずつ歯車が狂っていく後半部分。そして、復活。

圧巻だったのは、随所に挿入されるライブシーン。
衝撃と臨場感が半端なかったです。これは、ぜひとも劇場でみるべき映画。
クイーン初心者の自分は、「あっ、この曲もクイーンなんだ」と驚きっぱなしでしたが汗。

特に、後半のライブシーンはすごかった。
会場の盛り上がり、汗、出演者の息づかい。
目の前で生きて動いている。自分もそこにいるのだという没入感がありました。
同性愛などきわどいシーンもたくさんありましたが、そのシーンがライブのすごみを作るためにつながっているような気がします。

兄は「ちょっと、ストーリーが弱かった気がする」と言っていましたが、自分はライブシーンを強く出すために、あえて薄味にしているように思えました。よく言えば、割り切っているような……。
あと、字幕で見たので、英語と字幕のニュアンスの違いも大きそう。婉曲的な表現で、意図を省略するようなシーンが多かったです。

文字やセリフ・ストーリーではなく、それ以外の……
いわゆる、文字以外の要素で訴えかけてくる映画ですね。ひとの動き、音、描写、リズム。セリフのない場所での、表現がとても印象的な映画でした。

【お知らせ】ランキングで1位になりました&「みなさんの小説を読ませてください」企画

ということで、お知らせです!
「小説家になろう」の童話カテゴリランキングにおいて、1位になることができましたm(__)m

逆さの森と真っ直ぐな気持ち』という作品です。

小説を書き始めて、1年と半年。
初のカテゴリランキング1位になることができて、とても嬉しいです。

読んでいただいてる読者の方々のおかげです。
本当にありがとうございます。

ただ……
1位になったと言っても、まだしょせんぺーぺーな自分です。
今回の件もかなりラッキーだったとしか言いようがないのも事実。

そして、最近はインプット不足も自覚しております。

なので、ここからはインプット期間にしたいなと考えております。

HPを作って、前々からやりたいとあたためていた企画を投入します!
ずばり、

「みなさまの小説を読ませてください」企画(安直ですね)

そして、おもしろかった小説は、このHP上で書評を書かせてもらって、宣伝をさせてもらえればと思っています。
応募0だったらどうしよう汗。

【応募要項は以下の通り】
1.文字数・ジャンル不問。R18作品は、対象外。掲載サイトは、「小説家になろう」・「カクヨム」を優先します。ひとり一点まで。
2.応募方法は、この記事のコメント欄で、作品のURLを書いてください。応募する方は、作者ご本人でお願いします。
  Twitterや各種投稿サイトでは、見逃す可能性があるので、こちらでお願いします。
3.このHPで、書評を公開することに同意いただけるかた。
4.書評を書く小説は、私の趣味で選びます。
5.書評を公開した後に、私のほうから作者さんのほうにその旨をご連絡いたします。
6.以前、私が読んだ作品でも応募可能。

あとで、追加するかもしれませんが、とりあえずこんな感じで。
応募がなかったら悲しいので、気軽に参加してください!



【旅行記】野口雨情を求めて~北茨城市散策~

さて、今回は、旅行記です。
詩人・童謡作家の野口雨情ゆかりの地「北茨城市」に日帰り旅行してきました。

といっても、野口雨情という名前を知らない方もいると思うので簡単に説明を……
野口雨情1

↑です(笑)
サービスエリアにあった説明文ですが汗。

名前は知らないかもしれませんが、彼が作った歌は有名なので必ず聞いたことがあるはずです!
「シャボン玉飛んだ~」

「赤い靴ーはーいてたー」

はい伝わりましたね。この有名な歌の作詞家さんです。
童謡界の三大詩人とも言われていたレジェンドですね。

最近は、詩も書くようになったので、天才の力を少しでも拝借できればと、浅はかな考えで聖地巡礼してきましたw
紅葉で美しい山と海に囲まれた良いところでした。


こちらが雨情の生家です。近くに記念館もあって、とてもおもしろかったですね。
こういう自然豊かな場所で、偉大な詩が生まれていたと考えると創作のモチベーションもあがります。

お昼は近くの定食屋さんで、海鮮丼をいただいてきました(‘ω’)
大津漁港直営の市場食堂というお店です。
これだけついて1350円。

最高に美味しいです。
これにカキフライを別注文して、お昼を堪能して帰ってきました~(笑)

野口の作品の著作権は、切れてしまっているので、青空文庫でも自由に読むことができます。是非とも読んでみてください。