失われた戦法を求めて➃~大野源一名局紹介~

ついに将棋ラブコメも15万字&5万PV突破です(^^)/
『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』

さて、今日は、大野源一九段の力戦形「相中飛車」の名局です。
大野源一九段と言えば、「振り飛車」中興の祖として活躍し、大山・升田両名人の兄弟子として活躍しました。
捌きの名手として、久保九段に大きな影響を与えたことでも有名ですね。

そして、「相中飛車」!
この戦型って、アマチュアでは大人気なんですが、プロ間では少ないんですよね。
今回の対局は、みたことがある手順満載なので、とても参考になりました。

1965-09-17 棋聖戦 大野源一 vs. 有吉道夫(外部リンク)

お互いに角交換した後に、5三の位置に角を打ちこみ合う。
後手の最後のお願いを冷静に防ぐ大野の手順は、とてもすごい。手に汗握る一局となっております。

後手が途中まで有利だったんですが、85手~90手あたりで疑問手と悪手が出てしまって逆転しましたね。
86手の同馬が、敗着だったのかなと思います。

ソフトの推奨手は「 △2七馬(17)▲同銀(38)△同飛成(23)▲3八銀打△2一龍(27)▲2七香打△2六歩打▲同香(27)△2五歩打▲同香(26)△同龍(21)▲3六銀(37)△2四龍(25)▲4五銀(36)△2七歩打▲2九歩打△2八歩成(27)▲同歩(29)△2六桂打▲2七銀(38)△3八歩打▲同金(49)△同桂成(26)▲同玉(39)△3七歩打▲同馬(48)△3一香打▲3六歩打△4四歩(43)▲6五桂打△2五桂打▲5五馬(37)」

最後は完全に後手の攻めが切れて、必敗形ですね。

目次

失われた戦法を求めて②~花村元司名局紹介~

昨日も将棋ラブコメのほう更新しました!『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』

さて、今日の将棋名局シリーズは、花村元司九段の名局を紹介します。
花村元司九段と言えば、真剣師として名をはせた後に、プロ編入試験に合格した異色のプロ。
終盤に絶対的な自信を持っていて、「終盤の入り口で2:8の差なら五分、3:7なら俺の勝ち」という名言が有名です。

A級16期、タイトル挑戦4回、一般棋戦優勝3回の大棋士です。

中飛車を採用した花村の怒涛の力戦模様、ご覧ください!

1966-08-19 棋聖戦 花村元司 vs. 加藤博二(外部リンク)

ここにいた飛車が数手後には……

ここにいますw

この将棋のなにがすごいかというと、飛車の動きです。
縦横無尽に、動きまくって、敵をけん制し、少しずつ逆転の布石を作ります。
そして、後手の56手目がその契機。
7三桂のほうがよかったようですね。

△7三桂(81)▲3六歩打△4二金(41)▲2六歩(27)△2二銀(31)▲5八金(69)△2四歩(23)▲5九角(77)△2三銀(22)▲6九飛(67)△9四歩(93)▲7七桂(89)△2二玉(32)▲6五歩打△同歩(64)▲同桂(77)△同桂(73)▲同飛(69)△6四桂打▲6七銀(56)

序盤が不利になっても、力で逆転する指しまわし。
とても勉強になります。

こういう手は、やはり駒落ち将棋や真剣師時代につちかった剛腕によるものなのでしょうね。
あとは逆転で作ったリードを守って押し切っています。

このような剛腕将棋憧れますね。

目次

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑬

今日もラブコメのほう更新しました!『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』
5万PVか15万文字達成したら、記念エッセイをまた書きます!

さて、今日は四間飛車穴熊を採用した一局を紹介します。
自分の完勝譜なので、是非ともごらんください

先手が二段のかた
後手が自分です。

13手目☗5七銀
持久戦を明示

21手目☗6六銀
4枚穴熊を目指す一手
固さ負けをするため、完成する前に振り飛車側から仕掛ける必要がある。

26手目☖6四歩
袖飛車への変化を残す。

36手目☖6三金
現代的な振り飛車穴熊
これにて、振り飛車側の陣形が完成

46手目☖6五歩
銀をけん制するとともに、角で飛車を狙撃する道を開く

48手目☖7三角
これにて、飛車を狙う角の陣形
現代穴熊は角の転回や袖飛車への変化があるため、攻撃力が増す

54手目☖2八角成
飛車交換。
4枚穴熊が完成せず、飛車を捌けたので、後手有利

72手目☖7八金
詰めろ。
先手は逃れるのが難しい

現代穴熊の形が活きました。
この形大好きです。
級位者時代は、この四間飛車穴熊と右四間飛車が両エースだったので、懐かしいです。

先手: 二段 / 後手: 自分
手合割:平手

▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲4八銀△3三角▲6八玉△3二銀▲2五歩
△4二飛▲5六歩△6二玉▲5七銀△7二玉▲7八玉△8二玉▲5八金右
△9二香▲7七角△9一玉▲6六銀△4三銀▲6八角△8二銀▲8八玉△6四歩
▲9八香△5二金左▲9九玉△7一金▲8八銀△7四歩▲7九金△2二飛
▲4六角△6三金▲6八金寄△4五歩▲5七角△5四銀▲3六歩△9四歩
▲9六歩△5一角▲1六歩△6五歩▲5五銀△7三角▲2四歩△5五銀▲同 歩
△同 角▲2三歩成△2八角成▲2二と△2九馬▲2一と△4七馬▲2四角
△2九飛▲4二角成△4六馬▲7八金寄△6九銀▲1一と△7八銀成▲同 金
△6八金▲同 金△同 馬▲7七銀打△7八金▲6八銀△8九飛成

←前 目次 

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑫

さて、今日最後の更新です(^^)/

『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』のヒロインが最も得意とする嬉野流。
その対策を紹介します。

今回は、オーソドックスなものとオリジナルなものふたつ紹介します。
オリジナルはまだまだ未完成ですが、おもしろい将棋になったので先行配信ですw

①自分vs二段のかた

こちらがオーソドックスな対策ですね。
自分が先手で、後手が二段のかたです。
お互いに嬉野流の使い手だったので、かなりおもしろい将棋となりました。この駆け引きが楽しかったです。

具体的には、相がかりのような将棋にして、嬉野流に組ませない将棋となっています。
実は、この対策も嬉野流に対策されるいたちごっこ状態でして(笑)
そちらのほうもいつか紹介できたらいいなと考えています。

下の画像も参照。
12

▲2六歩△3二金▲7六歩△4二銀▲2五歩△3一角▲4八銀△8四歩▲7七角
△8五歩▲8八銀△6二銀▲2四歩△同 歩▲同 飛△2二歩▲6八玉△1四歩
▲7八玉△4一玉▲3六歩△9四歩▲3七桂△9五歩▲6八金△7二金
▲5八金上△8三金▲4六歩△7四歩▲4七銀△7三銀▲5六歩△6四銀
▲2五飛△7三桂▲1六歩△5四歩▲6六角△6五銀▲4八角△3四歩▲7七桂
△3三桂▲2八飛△7六銀▲4五桂△同 桂▲同 歩△8六歩▲同 歩△8五歩
▲同 桂△同 桂▲同 歩△7三金▲7七歩△8五銀▲8七歩△5三銀▲6五桂
△6四銀▲7三桂成△同 銀▲3七角△5五歩▲同 角△6四銀▲7三金
△8一飛▲6四角△同 角▲6三金△2八角成▲5三金△3一玉▲4四歩
△同 歩▲4三銀△4六桂▲2四桂△4三金▲同 金

②自分vs2級のかた

こちらはオリジナルの嬉野流対策。
大正期前後の相がかりの定跡を利用して、盤中央の制圧を目指す指し方です。
オリジナルのため、まだまだ粗削りで反省点が多いですが、火力が高い反撃方法となっています。

←前 目次 次→

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑪

こちらも、角換わり腰掛け銀の対局です。
相手は3段の方です。角換わりの後、先手早繰り銀・後手腰掛け銀で進行しました。

またまた登場。片矢倉。
お互いにほとんど悪手がなく、いい対局ができました。
最後は、無理をした自分が一手差で敗北しました。

敗局とはいえ、なかなかの将棋ができたので、今回紹介します。

先手:3段のかた
後手:自分

▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲3八銀△2二銀▲6八玉△8四歩▲7六歩
△8五歩▲7八金△4二玉▲3六歩△3二玉▲3七銀△8八角成▲同 銀
△4四歩▲4六銀△5二金右▲3五歩△4三金▲3四歩△4二金上▲5六角
△6二銀▲7七銀△6四歩▲7九玉△6三銀▲3五銀△5四銀▲4六歩△7四角
▲5八金△5六角▲同 歩△7四歩▲3七桂△7三桂▲6六歩△9四歩▲8八玉
△9五歩▲4五歩△同 歩▲4四歩△3六歩▲4三歩成△同 銀▲4五桂
△3七歩成▲4四歩△5四銀▲2九飛△4五銀▲4三金△同 金▲同歩成
△同 玉▲4四金△5二玉▲7一角△9二飛▲5三角成△6一玉▲4五金
△6二金▲4三馬△7一玉▲2一馬△3八角▲2六飛△8六歩▲同 歩
△4九角成▲6八金右△4七と▲8三銀△5八と▲6七金直△8二飛▲同銀成
△同 玉▲5四馬△6三桂▲4二飛△5二歩▲2二飛成△6九銀▲1一龍
△7八銀不成▲同 玉△5九馬▲8四香△9三玉▲9一龍△8四玉▲9三銀
△8三玉▲8二龍△9四玉▲8五銀△同 桂▲8四龍

←前 目次 次→

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑩

さてさて、次は角換わり腰掛け銀です(^^)/

実は江戸時代の将棋を研究してまして、そこで腰掛け銀+片矢倉という戦法を見つけました!
天野宗歩の時代によく指されていたようで、わたしも採用。そうしたら、勝率があがりました(笑)

片矢倉は、少し薄いんですが、角の打ちこみ場所が少なくなるので、バランス重視の自分には最適でした。
おかげで、最近の相居飛車は、角換わりだけで乗り切ってます!
勉強量を他に振り分けられるので、かなりおススメです。

先手は2段のひとで、後手が自分です。

最後は大逆転なので、見応え抜群! 解説は棋譜をご覧ください。

先手: 2段のかた / 後手: 自分
手合割:平手

▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△2二銀▲4八銀△8四歩
▲3三角成△同 銀▲8八銀△4二玉▲7七銀△4四歩▲4六歩△3二玉
▲7八金△6二銀▲4七銀△6四歩▲3六歩△6三銀▲6八玉△7四歩▲5六銀
△5四銀▲3七桂△5二金右▲4五歩△4三金▲4四歩△同 銀▲2四歩
△同 歩▲同 飛△2三歩▲2九飛△4二金上▲5八金△7三桂▲7五歩
△6五銀▲7四歩△同 銀▲4五歩△3三銀▲5五銀△3八角▲2八飛
△6五角成▲4四銀△8五桂▲6六銀△5四馬▲5五銀引△7七歩▲8八金
△6五銀▲5四銀△同 銀▲2五桂△2四銀▲2二歩△同 玉▲4四歩△2五銀
▲4三歩成△同 銀▲2五飛△7六桂▲5九玉△8八桂成▲7三角△7八歩成
▲8二角成△4七歩▲同 金△3八金▲4八金△3七銀▲5五角△3三桂
▲3八金△同銀成▲4八金△6八金

←前 目次

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑨

最近、なろうの将棋ラブコメが満員御礼となっています。本当にありがとうございます。

今日はHPのほうに将棋コーナーを独立させていただきました。
なので、内容充実のために、記事をいくつか投稿させていただきます!

今回は、自分が久しぶりに四間飛車を採用しました。
相手は、二段の方で、右四間飛車。

あまりにも攻撃が早かったため、自分は力戦にシフト。
めずらしい四間飛車対策になっています。

角を強引に捌いて成りこみ、最後は17手の即詰み。
いい試合ができました。

下の棋譜に詳細な解説を乗せております!

←前 目次 

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋➇

最近、なろうの将棋ラブコメが満員御礼となっています。本当にありがとうございます。
今回はブログのほうも頑張ろうと、新機能を追加しました!

スマホでもPCでもどちらでも棋譜をみれる機能を追加したので、試しに投稿します。
今日は、最近研究中のノーマル中飛車の実戦譜です。

相手は初段の方で、自分は後手です。

今回は、完全に端の位に助けられました。
大逃走して、最後は即詰みで勝利です。5手詰を綺麗に詰ませることができました。
やはり、ノーマル中飛車は急戦系の将棋に強くて安定感があります。

穴熊は……(笑)

あ
2

先手: 初段の方 / 後手: D
手合割:平手

▲7六歩△3四歩▲4八銀△4四歩▲1六歩△4二銀▲1五歩△4三銀▲2六歩
△3三角▲2五歩△5二飛▲3六歩△6二玉▲4六歩△7二玉▲6八玉△8二玉
▲5八金右△9四歩▲4七銀△9五歩▲3七桂△7二銀▲2四歩△同 歩
▲4五歩△4二飛▲4四歩△同 角▲同 角△同 銀▲2四飛△3一金▲4五歩
△3三銀▲2三飛成△5五角▲6六角△3七角成▲3三角成△同 桂▲同 龍
△3二金▲3四龍△3三歩▲2五龍△2三歩▲4四桂△2二金▲3一銀△6二飛
▲2二銀成△同 飛▲3二金△2四歩▲3五龍△3四銀▲同 龍△同 歩
▲2二金△2八飛▲5二銀△4七馬▲4一飛△5二金▲同桂成△5八馬▲同 金
△4七銀▲7一角△9二玉▲8二金△9三玉▲7二金△9四玉▲4四飛成
△5四金▲8五銀△同 玉▲7七桂△7六玉▲7八玉△5八飛成▲8九玉
△8八銀▲9八玉△8九銀打

←前 目次 次→

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑦

おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』今日も投稿しました。

ついに100話突破しました。その記念にエッセイも投稿したので、よかったらご覧ください。
『将棋でアマチュア初段になる方法~『おれの義妹がこんなに強いわけがない』100話突破記念特別エッセイ~』

さあ、今日のメイキング部屋は、「常勝将軍」木村義雄14世名人の名局特集をお送りします!
実力制初代名人でもあるひとですね。今回は名人になる前の戦前の棋譜をチョイスしました。

今ではあんまり顧みられることは少ないのですが、本当におもしろい将棋を指します。
キレキレの終盤はまさに名人芸。この時代、彼だけが別の次元にいたんじゃないかなと思うような棋譜3選を紹介していきたいと思います!

①1937-02-05 木村義雄 vs. 阪田三吉

1

通称「南禅寺の決戦」です。
ついに統一される将棋界。その直前で、神は最高の舞台を用意してくれました。

関東最強”木村義雄”vs関西最強”阪田三吉”
東西分け目の決戦ですね。
『月下の棋士』でも有名な初手端歩つきの名局です。

なんと持ち時間は30時間w

不利になってもあきらめない阪田三吉の指し方は感動します。
そして、それにとどめを刺す木村義雄のかっこよさ。まるで、巌流島の戦いですよ。
是非とも並べてみてください。

②1935-06-29 木村義雄 vs. 関根金次郎

2

13世名人vs14世名人の頂上決戦です。
ふたりは師弟関係でもあるので、本当に因縁じみた戦いです。
これも終盤がおもしろい。圧倒的不利になった関根名人は力強く貪欲に逆転しようともがき続けます。

死力を尽くした両者の手数は200手に達するところで投了。
これもまたドラマチックな展開でした。

1935-04-01 土居市太郎 vs. 木村義雄

③

こちらもレジェンド同士の激突ですね。
土居時代vs常勝将軍。

わたしの大好きな「相がかり」の力戦です。ねじり合う、ねじり合う。
この中央を制圧する相がかりの将棋おもしろくていま研究中です。

最後は死闘の末、木村玉が入玉!
最後まで手に汗握る戦いでした。

←前 目次 次→

【自作小説】『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』メイキング部屋⑥

おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~

今回は、趣向を変えて、ラブコメのために勉強していた四間飛車の総決算ということで、並べた名局100の中でわたしがとくにおもしろいと思ったものをあげていきたいと思います。独断と偏見で4選ですw

なお、わたしは、ブログを見てもらえばわかると思いますが、力戦大好きのため趣向がかなりでております(笑)

詳細な解説は省きますので、是非ともわたしが勉強した鈴木大介九段の『四間飛車名局集』をご購入下さい。高価ですが最高におもしろい名局集ですので、買って損はありません。
今回は、棋譜データベース2のリンクも一緒に貼っておきますので、ご参考ください!

2006-03-07 順位戦窪田義行 vs. 渡辺明 順位戦

11

四間飛車vs穴熊の一戦!
力戦模様となり、窪田の玉が逃げまくる。
そして、最後に銀打ちの即詰み!しびれる終盤でした(^^)/

2001-10-31 竜王戦藤井猛 vs. 羽生善治 竜王戦

21

藤井vs羽生の頂上決戦!
うなぎ屋こと藤井猛竜王の凌ぎ方が半端ないって( ゚Д゚)
藤井先生の棋譜の中で一番好きかもしれませんw

1966-03-03 王将戦大山康晴 vs. 山田道美 王将戦

31

四間飛車vs急戦。

自分が力戦四間飛車に目覚めた棋譜です!
これに影響されて、四間飛車を指し始めました(笑)
6七金で急戦をねじ伏せて、木村美濃への変化。玉頭戦も意識したねじり合い最高です!

1976-01-10 棋聖戦二上達也 vs. 大山康晴 棋聖戦

41

四間飛車vs急戦
大山流雲隠れ飛車炸裂です(^^)/
もう、この戦い方最高に楽しいので、四間飛車党の方ぜひとも一度ご賞味ください!

←前 目次 次→