次の一手①

最近、twitterで自作の次の一手を発表しているので、その内容をこちらにもまとめます。
よかったら解いてみてください。全部、自分の実戦譜から取りました!

①穴熊崩し(1級)


(問題)
あいての香車打ちが疑問手でした。
先手はどのように、相手の穴熊を弱体化させるべきでしょうか?
3手進めてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

(解答)
▲4二桂馬成、△同金、▲4三歩打ですね。
これで、穴熊が弱体化。
続きは△同金、▲3二銀打or4一飛車打のどちらかで後手に詰めろがかかります。

ちなみに、▲3三桂馬からの崩し方もあります。

②右四間飛車へのカウンター(2級)

(問題)
四間飛車vs右四間飛車
次の一手で先手はどう反撃するべきでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(解答)
7三角打 or 4六桂馬

今回の陣形の工夫は、7八の地点にいる金。
あえて、片美濃にして、囲いを弱体化させている反面、左側のバランスがとりやすいのでそれを生かす。

7三角打
これは単純に香車取りで、馬成りができるので、振り飛車有利。
飛車が6一に引いて来たら、▲6二歩で封殺できます。 △8一飛に逃げたら▲4六桂打で銀取り。銀が引いたら、角でも飛車でも好きな方で攻撃ができる振り飛車優勢となりますね。仮に飛車がひかずに、8五にでも動けば、香車取りの馬成りで振り飛車勝勢かつ居飛車の飛車は、7八にいる金のおかげで封殺可能です。

4六桂馬は、わかりやすい銀取りです。△4五銀と桂頭に逃げたら、▲7三角打ちで、香車を狙いつつ、将来的に5五馬と銀の真横に移動しての銀取りも狙える欲張りな高位置につけます。これで振り飛車有利が成立するかなというのが自分の考えです。

③捌いて一気に優勢(2級)

(問題)
今回は後手になって、考えてみてください。
相手は力戦位取り。自玉は振り飛車穴熊で固い。
3手進めて、大優勢にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(解答)

△5七角成▲同玉△2八飛車成

角を銀と交換して捌いた後に、飛車を交換。
固さ的にこちらにそうとうな利があるので、このまま一気に押し切れます。穴熊相手だとこの力戦はなかなか成立させるのが厳しそうだなと思います。

④矢倉を切り捨てる一手(初段)


(問題)
矢倉vs左美濃の実戦からです。
最終盤の攻防。

後手の次の一手はずばりなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(解答)

正解 6八銀打

飛車を逃がしたらもったいない。これで一気に寄ります。歩で飛車を取った場合は、△7七銀成▲7九玉△6八金打で詰み。

なので、9八玉と逃がすしかありませんが、その場合は7七銀成で受けなし。自玉は安全なので、勝利確定です。

矢倉崩しのあとの決め手!

目次

自戦記解説①「相居飛車力戦形(vs菊水矢倉)」

今日もラブコメのほう更新しました!『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』

さて、今日紹介するのは、相居飛車の力戦ですw
角換わりを目指したら、拒否されて、しかたないので力戦に変化しました。

先手が自分で、後手が三段の方です。
力戦形で、短時間なので、泥沼化しましたが、最後は一気に寄せました~

定跡無用の力勝負って楽しいですよね汗

<解説>
5手目☗7七角
得意な角換わりを目指す

8手目☖4四歩
角換わりを拒否される

23手目☗4六銀
定跡勝負だと、序盤が弱い自分に分が悪いので、完全な力戦を志向

29手目☗5八飛
昭和初期の棋譜でみた、相がかり戦法のオマージュ作戦。五筋への攻撃でけん制

37手目☗4六銀
これは弱気になってしまった自分の緩手。
6六銀に引いて守りを固めれば、互角

39手目☗2八飛
作戦失敗で、相手側に主導権が変わる。対処療法的な飛車振り。この段階から、69手目まで相手が有利~優勢。じわじわとお互いにけん制しながら、相手側が優勢を拡大

69手目☗同 歩
相手陣形が固すぎるので、自分は広さで主張を作る。最終的に入玉までつなげることができれば万歳

70手目☖9三桂
悪手。5五銀で、自分の囲いのバランスが崩れて先手優勢。

71手目☗7三角
自分が弱くなった飛車のコビンを攻める。4三歩のほうが攻めやすいかも?

74手目☖8五桂
疑問手。これで、互角の戦いに逆戻り

81手目☗7四馬
これは自分の悪手。弱気になっていた。5二馬で攻撃を続ける方がよい

82手目☖5五桂
再び、相手有利へ。しかし、ここであきらめるようなタイプではないので、結構楽観視していたw

88手目☖6七金
悪手。飛車に目をくらみすぎている。
△7六歩打▲6六銀(77)△2五桂(33)▲4八銀(37)で自分が相当苦しい

91手目☗同 玉
相手の攻めが続きにくいので、逆転を確信。

93手目☗5九歩
これで相手の攻めが切れる

95手目☗2四歩
将来的な相手玉の逃げ場をふさぐ
飛車でとった場合は、主導権を完全に握る

97手目☗7六玉
王の早逃げ。広いので捕まる心配はほとんどない

109手目☗6四馬引
悪手だった。ここら辺からお互いに秒読みで冷静さを失っている。6一金で飛車詰みだった。だが、攻めは切れないので、まだまだ有利

129手目☗4四桂
寄せの桂馬捨て

☗2三金
これで寄り。
同金には、▲3一馬(41)△1二玉(21)▲2一銀打の即詰み。

2三金以外にも長い即詰み手順もある。

▲3二馬(41)△同玉(21)▲3三金打△同玉(32)▲3一飛成(71)△3二金打▲4二銀打△2三玉(33)▲3三金打△1二玉(23)▲3二龍(31)△1三玉(12)▲2三金(33)

即詰みには気がつかなかったが、自玉が安全で短い必至があったので助かった。

先手: 自分 / 後手: 三段の方
手合割:平手

▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△4四歩▲2五歩
△3三角▲4八銀△3二金▲6八玉△5四歩▲5六歩△6二銀▲7八玉△5二金
▲5七銀△4三金右▲5八金右△2二銀▲4六銀△4一玉▲6六歩△7四歩
▲6七金△5三銀▲5八飛△3一玉▲6五歩△5一角▲5五歩△同 歩▲同 銀
△5四歩▲4六銀△3三桂▲2八飛△9四歩▲6八角△9五歩▲1六歩△8四角
▲5七角△7三角▲6八角△1四歩▲3六歩△4五歩▲3七銀△4四銀▲7七銀
△2一玉▲1七香△6四歩▲同 歩△同 角▲6六銀△8六歩▲同 歩△同 角
▲同 角△同 飛▲8七歩△8二飛▲6五歩△7五歩▲同 歩△9三桂▲7三角
△8一飛▲6四角成△8五桂▲6三馬△7七歩▲同 桂△同桂成▲同 銀
△6一飛▲7四馬△5五桂▲5七金△3九角▲5八飛△5七角成▲同 飛
△6七金▲同 飛△同桂成▲同 玉△3九飛▲5九歩△2九飛成▲2四歩
△同 歩▲7六玉△2五桂▲4八銀△1八龍▲5七銀△1七龍▲5二角△8一飛
▲5六桂△3三銀引▲6三角成△3一飛▲6四馬引△3七桂成▲3一馬△同 銀
▲7一飛△9三香▲4一金△4二金引▲同 金△同銀引▲4四桂△3三金
▲5二桂成△3二金打▲4二成桂△同 金▲4一金△同 金▲同 馬△3二金打
▲4四桂△同 金▲2三金

目次 

失われた戦法を求めて③~丸田祐三名局紹介~

ついに将棋ラブコメも15万字突破です(^^)/
『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』

ということで、今回は、丸田祐三九段の十八番。「9七角ひねり飛車」、通称「丸田流ひねり飛車」のおもしろい名局です!
丸田祐三九段は、将棋連盟の会長も務めた名棋士です。
A級24期、棋戦優勝10回、タイトル挑戦4回と凄まじい実績ですね。

これを上回る成績を持つ棋士はそういないはずです。
歩の使い手としても有名で「小太刀の名手」という異名もありました。
最後の大正生まれの棋士として、95歳まで存命で、将棋界の長老的な存在でした。

特にNHK杯には強く、3回の優勝経験をもっています。
今回もNHK杯の名局です。あいては、加藤一二三九段。お互いに、NHK杯を得意とした大棋士同士の対局になっています。

1965-02-06 NHK杯 丸田祐三 vs. 加藤一二三(外部リンク)

炸裂したひねり飛車!
今は対策が確立し、絶滅しかけていますが、おもしろい戦法です。相がかり大好きな自分としては、一度は極めてみたい戦法の一種。角が端に上がるのが、丸田流。飛車を一気に捌こうとする豪快な戦い方です。

お互いにミスをし合い、形勢が変わりまくる大乱戦。
最後に詰みを見つけたのは、丸田九段でした……

投了図は以下の詰みです。
△1五玉(26)▲2六銀打△2四玉(15)▲3五銀(26)△1三玉(24)▲2五桂打

目次

失われた戦法を求めて①~灘蓮照名局紹介~

今日もラブコメのほう更新しました!『おれの義妹がこんなに強いわけがない ~妹とはじめる将棋生活~』

さて、今日はおもしろい将棋を発見したので、紹介します。
紹介するのは、灘蓮照九段の名局です!

灘蓮照九段とはいっても、ほとんどのひとが知らないかもしれません。
昭和の大棋士のひとりで、日蓮宗の僧侶にもなった異色の人物。
タイトル経験はないものの、棋戦優勝はNHK杯2回を含む6回、A級17期という堂々たる結果を残した棋士です。

このひとですが、力戦形にめっぽう強い。
独特な指しまわしで、敵を圧倒する指し方は「荒法師」としておそれられたのでした。

今日は、そんな大棋士の矢倉の名局を紹介したいと考えています。

1968-12-20 順位戦灘蓮照 vs. 加藤一二三 順位戦(外部リンク)

こちらは、加藤一二三との順位戦です。お互いに矢倉に組む戦いですが……

矢倉戦の最中、袖飛車に変化しました!
これが、灘流矢倉という戦い方らしいです。

ここから総矢倉にした、ひふみんの陣形を重い重い一撃で粉砕します。
角銀桂飛の連続攻撃で、3筋を一気に突破する姿は、まさに、荒法師……
特に、中盤の桂馬の連打すごいです。

115手目の3四飛車が好手!
一気に即詰み手順になりました。
一例は、以下の15手詰。
▲3七香打△4三玉(34)▲7三飛打△5三桂打▲3三金打△同銀(42)▲同香成(37)△同玉(43)▲5三飛成(73)△4三香打▲4五桂打△3四玉(33)▲2五銀打△4五玉(34)▲4六馬(13)

21手詰の手順もあります。
△同玉(33)▲3五香打△4三玉(34)▲7三飛打△5三桂打▲3三金打△同銀(42)▲同香成(35)△同玉(43)▲5三飛成(73)△4三香打▲4五桂打△同歩(44)▲4四銀打△3二玉(33)▲4三銀成(44)△4一玉(32)▲2三馬(13)△3一玉(41)▲3二成銀(43)

この好手は、うちの将棋ソフトを上回る一手でした。
いやー、おもしろい!

目次